FC2ブログ
     

このブログはオンラインRPGメイプルストーリーのファンサイトです。

プロフィール

どてめし

Author:どてめし
なつめ鯖にて活動中
プリーストで放浪中です。
Lvはやっとのことで90代。
まだまだ3次のあなた!

見かけたらよろしくです^^


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブログ全記事表示


ポイントサイト紹介

お小遣いを貯めることができるポイントサイトをご紹介!!あなたもポイントを貯めてウェブマネーや現金をゲットしよう。


広告記事書いてみる?

ログスター

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:プレイヤーの想い
やぁ どてめしです。
本日はメンテだそうですな。
クエスト大好きなどてめしとしては、
新しく遊べるクエストが追加されていないかが、
おおいに気になるところです。
最近は現時点でこなすことのできるクエストも
あらかた消化済み。
残すのはグループクエスト進行中に
消化していくクエストと、
忍耐クエスト、
とてもじゃないが現在のレベルでは
進行が難しいクエストとなっております。
今週末空いた時間があれば、
メンテで変わった部分を探索したい。

さて、前回の記事では最初に所属したギルド
「ちぃむANAP」を離れて、
その手腕の程を見てみたくなり、
ドンさんのギルド「深夜の馬鹿力」に
いそうろうさせてもらうまでのお話でした。
この『深夜の馬鹿力』というギルド名。
タレント伊集院光さんがパーソナリティをしている
ラジオ番組のタイトルです。
どてめしが住む地域では放送しておりませんが、
小学生の頃からラジオっ子。
長らく聴いてない時期もありましたが、
今でも仕事中はラジオを聴いているどてめしは、
この名前にピン!ときていました。
「ラジオリスナーで悪い奴はいない!!」
どてめしの超個人的見解です。。。

しかし、このドンさんの印象は、
当初とても悪いものでした。。。
それは彼のブログを彼の存在より先に知っており、
2、3記事読んでいたから。。。
彼の記事で初めて読んだものは、
彼個人の言い分を書きなぐったような文章だったんです。
その記事を読んでからはそれほど真剣に、
彼のブログを読んでいませんでした。
そんな時、ゲームの中でも彼と話すようになり、
もう一度彼のブログを読み返してみたんです。
読み返してみれば、
言い分を書きなぐっているだけではなく、
その後次の記事なんかでバランスをとっている。
オンラインゲームなんかで
素の自分が考えていることや
思っているいることを書くことに、
躊躇する方は多いと思うんです。
しかし彼は、彼自身の考えていることを、
素直に記事に綴り、それをギルドに所属する人達への
思いを伝える手段にしている。
どてめしも同じような事を考えて、
このブログを書いていますが、
なかなかできるもんじゃないですな。。。

今思い返してみて、
そんな「深夜の馬鹿力」の良いところは
わかりやすいところ。
彼の目指すギルドの形もわかりやすかった。
彼は初めてメイプルストーリーで遊んだ人、
慣れていない人達を中心に勧誘していました。
そんな人達と一緒に成長していくのが彼のスタイル。
ゲームに慣れてくれば彼のスタイルに
物足りなさを感じる人も多いかもしれない。
しかし、ギル員同士悩みながらのギルドクエスト。
みんなで参加しているという雰囲気を
とても大事にしている。
こういうことをするのはとても面倒くさいんですが、
その目指すところを求めている
ギルドマスタードンさんの姿勢は
とても勉強になりました。

ギルドだけで無く
彼のモンスターカーニバルに関する考え方や、
その遊び方も、ゲームの本質を捉えた
とても興味深いものです。
彼はメイプル巧者というより、ゲーム巧者。
彼と話する時にお互いよく使う言葉の中に
「プロ」と「素人」という言葉があります。
メイプルで遊んでいれば、
色々な知識が増えて行きます。
地理的なものや、
各レベル、各職業毎に良いとされる狩り場、
まだまだ色々あるでしょう。
よくメイプル巧者の方に狩り場を
教えてもらうこともあります。
ステータスの振りミスをしているどてめしにとっては
結構きつい狩り場だったりするんです。
ゲーム巧者のドンさんだったら、
こんな誘い方はしないでしょう。
いつも素人の心を忘れないゲーム巧者。

彼はいままでのように
メイプルで遊ばなくなるみたいで、
今までのようなギルド活動は
しなくなったみたいです。
その幕のひき方もとても彼らしいものです。。。
彼の事で記事を書こうと思えば
1週間書き続けても足らないのですが、
彼のブログを読んでいただいた方がよいでしょう。

こうして「深夜の馬鹿力」にいそうろうし、
ドンさんやギルド員の方々と遊んでいる時に、
友達登録している方から
「ギルドをつくらないか?」
となるようなお話を貰ってしまったのです。
こうして自分でギルドをつくることに。。。

次回はギルド旗揚げのお話です。
スポンサーサイト

テーマ : メイプルストーリーなつめ - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

いやー、俺1人の力じゃどうにもなりませんでしたよ。
ギル員に助けられ、ギル員に悩んだギルド活動だった気がしますなぁ。

俺もどてめしさんについてちょっくら書くと、どてめしさんも俺には結構いっていましたが、けっしてやさしい人なんかではないと思います。自分のことをおじさんっていってましたがおじさんでもないとおもいます。
実際、おじさんっていう歳でもないし、アバにみんなだまされてるって!どてめしさんも自分のこと「おじさん、おじさん」っていうから、みんなだまされてるぞ!あえていうなら「おじちゃん」かなw
まぁおじさんのほうはいいとして、やさしくはないっていうのは、決して厳しいわけじゃなくて、普通というか、あえていえば好奇心が強いというべきでしょうかねぇ。
好奇心がつよいから、だれかに「○○いってみない?」とか「一緒に狩らない?」とかいわれたら、相手が初対面であれ、ついていって、どんなもんかためしてみるっていえばいいかな…。そんな感じでした。俺みたいな小心者だったらさそわれてもたいていことわってますよw

で、「嫌なときは嫌っていう」ってどてめしさんもいっていましたし、俺もどてめしさんから結構きついことをいわれたような…いわれてないような…。愛のムチ!?
でも人のことをよく考えているのはたしかだとおもいますね。
だからやさしいことは確かなんだけどなんていうかな…いろいろと人のことを考えることができて、好奇心が強い、うんできた子供って感じかなw
でも、みんなにはやさしいってイメージがあるのでしょう。いろいろ相談とかされているどてめしさんとかもちょくちょくみたり、聞いたりしましたねぇ。
記事にもあるとおり、ギルドもどてめしさんが自分からつくる!って感じではなく、頼まれたみたいですからね…てか、どてめしさん俺のギルドにはいっているのに、「ギルドつくらないか?」っていわれるってw俺のギルドはなんじゃらほい?

まぁどてめしさんは嫌なときは嫌っていうタイプですから、ギルド作成も嫌だったわけではないのでしょう。それはこんどのどてめしさんの記事を期待しましょうw

どてめしさんはよく俺をいろいろと誘ってくれましたが、俺って基本小心者というか内弁慶なんでほとんどことわってしまってごめんなさい。
俺っていい顔して「また将棋なんてしましょうね」なんていうタイプじゃないので、たぶん将棋とかは指すことはないとおもいます…でもどてめしさんとやった将棋やオセロは思い出深いなぁ。
どてめし商店は利用するというか、できるだけひいき目に利用するので許してちょ。
まぁまだ結構メイプルにINするとおもうんで、いろいろ遊びましょう。俺達のホームはやっぱメイプルでしょ!
んでわ、でわ。
ん?
ありがとう!

はじめましてぇ~ くどしょーです

足跡からきました ブログ訪問ありです

友録こんどしましょう

リンクしておきましたのでゼヒ今度あそびましょー

やばい、うんできた子供って意味不明だ。
実際は、うん(うなずき?)、できた子供。
あと、長すぎたコメント失礼しました。

どてめしさん今日は情報ありがとうございました

ブログの文章からは分かりづらいかもしれませんが
私のほうが、
どてめしさんより年上(おやじ)かも・・・

あと、相互リンクしていただければ嬉しいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © メイプル!おやじ放浪記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。